MENU

役員報酬について(その1)

2015年3月19日

こんにちは(#^.^#) 東京都豊島区池袋で税理士事務所を営んでいる伊藤総合会計事務所です!

幣事務所のブログにようこそ!

私どものブログでは経営者の方に、日頃発生しやすい経費について知っておいて頂きたいことについて定期的にご案内いたしますので、ぜひご一読の上ご参考ください。 今回は役員報酬についてです。

 

1.役員報酬とは

 役員報酬(役員給与)とは、役員(社長も役員です)に対する給与のことです。

 経営者となった以上、目標が高い所得を得ることであるのは当然だと思います。

 最初は苦しいスタートだったが、だんだんお客様が増え事業が順調に伸びて会社の利益が増加すれば、社長である自分の取り分である役員報酬を増やそうとするのは当たり前でしょう。

 さて、例えば「今期は後半から急速に業績が伸び予想以上の利益を得ることができたので、社長である自分へのご褒美と、法人税を減らすため決算月に臨時「賞与」として200万円支給することにしました」。

 果たしてこの支給は経費扱いになるでしょうか。

 実は法人税法では役員の「賞与」というものに対して非常にシビアな規定を設けています。役員「賞与」はまず「原則として損金不算入」、つまり経費にはできないという考え方なのです。ですから、上記の例は完全にアウト、経費にはできないのです。

  社長(役員)は従業員とは異なり、自分の給与の額を自ら決定することができるので、

役員報酬の額の決定を通じて、会社の利益を操作し、租税回避を行うことが可能となるからなのです。

 

2.経費にできる役員報酬

  現在、税法実務上、役員報酬で会社の経費として認められるためには以下の2つの利用が殆どであると思います。会計事務所から役員報酬に対するお問い合わせが来るケースがあると思いますが、役員報酬を経費計上するために法人税法に定められた要件を満たす必要があるからです

(1)定期同額給与・・・・・毎月一定の時期に定額で支払われる報酬

(2)事前確定届出給与・・・事前に税務署に届出をして、その届出の内容通りに支給される賞与

 (1)の定期同額給与が役員報酬の「基本」と考えていただければ良いと思います。役員報酬は毎月一定の時期に「同額」を支給しなければ損金として認められないということになります。そしてこの報酬の改定期間は期首から3ヶ月の間だけです。そのため、その3ヶ月の間に、通常は毎月の支給額をいくらにするか、役員に誰か加えてその分支給額を増やすか(あるいはその逆で役員を減らし減額)という検討をされるのが一番多いのではと思います。

 (2)の事前確定届出給与とは、税務署に事前に、「何時の時期」に「いくらの額」を役員に支払うという届出を提出し、その届出のとおりの時期と金額を支給した場合に損金算入が認められる制度です。そのため届出と「異なる時期」「異なる金額」で支給した場合は損金算入が認められないため実質的にはかなり使いづらい制度であり、これを利用している会社はあまり多く見受けられないように思えます。

 したがって役員報酬は「定期同額給与」を基本に決定していくのが妥当であり、現在の殆どの会社の役員報酬は「定期同額給与」で支給されているのが現状です

 

3.注意すべきこと

 「定期同額給与」において期首3ヶ月以内に決めた役員報酬は原則1年間変更できませんから、その期間内に、今期の事業の業績予想を正確に行い、その予想を元に、最適な役員報酬の額を決めなければいけません。

 役員報酬を決めるということは実はかなり難しいのです。 

【弊所のサービスの紹介動画です】↓お目通しいただけますと幸いですm(__)m

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 s_logo_-__1_-_.png

創業わずか4年で関与先350件

とにかく「低価格」で、どこよりも「簡単」なサービス

個人事業主 月10,000円~ 

法人    月15,000円~

簡単なEXCEL記帳から決算まで追加料金なしで「全ての税務イベントに対応します!」

これだけの顧客に選ばれる理由はこちらから

「顧問契約」「決算」についてお問い合わせはこちらから■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

創業わずか4年で関与先350件

とにかく「低価格」で、どこよりも「簡単」なサービス

個人事業主  月10,000円~ 

法人      月15,000円~

簡単なEXCEL記帳から決算まで追加料金なしで「全ての税務イベントに対応します!」

これだけの顧客に選ばれる理由はこちらから

「顧問契約」「決算」についてお問い合わせはこちらから■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 


アーカイブ

2019

最新記事

メルマガ「要チェックや!!」の無料登録はこちらから
簡単・低コスト・高品質の 豊島区税理士
エクセライク会計事務所

営業時間
平日AM9:30〜PM18:30
定休日 土日祝日

FAX 03-5928-0098

お問合せはこちら

〒170-0013
東京都豊島区東池袋4-21-1
OWL TOWER OFFICE 3階
東京メトロ有楽町線「東池袋駅」下車
徒歩2分)


© 2019 All rights reserved.